世田谷区用賀駅徒歩1分。どこに行っても改善しない慢性症状に絶対の自信あり。他の所とは明らかに違う施術でハッキリ違いを体感ください。

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り

住 所
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRootsのブログ

【膝の痛みと股関節】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • 動画
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の股関節痛
    • 東京の膝の痛み
    • 歩き方
    • 治療について
    • 浮腫み

膝が痛いのに股関節?? 今日は「膝の痛みと股関節」というお話をしていこうと思います。   前回までのブログをまだ見ていない方はこちら 「膝の痛みについて」 「膝痛とO脚」 「膝の痛みとX脚」   最初のブログで、 股関節ー膝ー足首 これらは連動して動きますよという話をしました。   今日は股関節に限定してみていきましょう。   一度、実験をしてみましょう。   「股関節は動かさずに歩いてみてください」   ちょっと試してみてください。     ・・・   できましたか?   きっと誰もできないですよね。   それくらい膝と股関節は関係しているということです。   膝が痛いという方を診ていると、ほとんどの場合で股関節の問題があります。   ここを無視して、「膝だけ」診ていてもなかなか改善がみられることはないでしょう。   いったん膝の痛みは置いといて、 股関節を少しずつ動かしてみてください。   もしかすると、膝の痛みが緩和するかもしれません。   詳しくは動画で   ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 四十肩・五十肩でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【冷え症(冷え性)は治るの?】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善
    • 治療について
    • 浮腫み
    • 考え方
    • 食事について

冷え症は整体で良くなるの? 今日は「冷え症は治るの?」というお話をしていこうと思います。   今回「冷え性(冷え症)」についてのお話ですが、今までブログではあまり話してこなかったことですので、冷え症でお悩みの方はまずこれを知ってください。   冷え症で悩んでいる方はたくさんいます。 特に良く聞くのは女性ですが、男性の方の中にも冷え症の方はいるでしょう。 そもそも冷え症の原因は何でしょうか?   寒さ 筋肉量の不足による血行不良 血液循環の悪さ ストレスによる血行不良 こういった原因があげられますが、 要するに 「血液循環」 これが重要だということです。 ではなぜ血液循環が悪くなるのでしょう。 食べ物や体の硬さなどいろいろ考えられるわけですが、 まず一つ 「姿勢の問題」があげられます。 詳しくは動画で解説していますが、 心臓から出た血液は動脈を通って末端へ運ばれます。 高速道路と同じで、どこか問題が起こると渋滞が起こります。 血液も同じです。   姿勢が悪くなることで本来の通り道が狭くなれば、血液の循環不良が起こってきます。   これを長年繰り返していれば、末端に行く血液量は少なくなってしまう為、当然冷え症も改善しにくくなってしまうということです。   どこでの姿勢の問題で血行不良が起こっているのかを知りたい方は、専門家に診てもらってくださいね。 詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【痛くなったのは誰のせい?】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の寝違え
    • 東京の猫背
    • 東京の産後整体
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 東京の骨盤の歪み
    • 歩き方
    • 治療について
    • 浮腫み
    • 考え方
    • 肘の痛み
    • 運動について
    • 食事について

痛くなったのは誰のせい? 今日は「痛くなったのは誰のせい?」というお話をしていこうと思います。   今これを見ていている方の中には、 「○○が痛い」 「○○が痺れている」 「○○が重だるい」 など様々な症状をかかえていると思います。   では、その症状はいつから出てきましたか? 「昨日?」 「1カ月?」 「1年前?」 「10年?」   何か心当たりや前兆がありませんでしたか? その痛みが起こるような生活をしてきませんでしたか?   このように考えていくと、何かしらが見つかるケースがほとんどです。   結局何が言いたいかというと、 「今の身体の不調の原因は自分にある」 ということ。   過去の延長線上に今の自分がいます。   ということは、 今までの食事・睡眠・運動など生活習慣が悪ければ、今その影響を受けているということです。   どこか治療院などに通うことによって一時的に痛みが改善されても、同じ生活をしていれば再発する可能性が高いのはわかりますよね。   そうならない為に、今日からあなたができることは何ですか?   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント  

【足裏・爪の問題の影響】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • ひとりごと
    • 動画
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 治療について
    • 浮腫み

たこ・魚の目・巻き爪などの影響は? 今日は「足裏・爪の問題の影響」というお話をしていこうと思います。   実際にたこや魚の目などの足の問題があると、身体にはどんな影響が出てくるのかというお話です。   そもそも足裏や爪の問題というのは何でしょうか。 色々とありますが代表的なものをあげていきましょう。 たこ・魚の目 巻き爪 扁平足 外反母趾 良く耳にするような言葉だと思います。 「扁平足」は少し別になりますが、 それ以外の「たこ・魚の目・巻き爪・外反母趾」などは程度もありますが、痛みを伴うことがありますよね。 すると、自然と脚をつく時に「痛くない歩き方」をするようになります。 本来の自分の歩行ではなく、かばった歩き方をすることになります。 そうすると無駄な緊張が生まれます。 短期間ならまだしも、これが長い間続くとなると厄介です。   例えば、 親指が痛い。 ➡親指に体重をかけないように歩く。 ➡体の外側(小指側)に体重がかかる。 ➡スネや外側に負担がかかり緊張が常にでる。 ➡太ももの外側にも影響する ➡股関節の動きを悪くする   こういった感じの流れがあります。 結果的に「股関節の動きに影響」してくることで、股関節痛や腰痛・肩の痛みにもつながるということです。 イメージがしにくいかもしれませんが、身体の連動はこういうことです。   一つの問題を放置しておくと、体の不調はいたるところに出てきますので、 早めの対処を心がけましょう。   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【デスクワークの人の腰痛・肩こりの予防②画面の位置】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 治療について
    • 浮腫み

画面はどこにありますか? 今日は「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防②画面の位置」というお話をしていこうと思います。   前回までのブログはこちら 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防①座り方」   今日は「画面の位置」についてのお話です。   皆さんが使っているパソコンの画面はどこにありますか? 正面ですか、左右にずれていますか、上下にずれているでしょうか。 どこにあるかで、条件が変わりますので、少し解説していきましょう。   画面が左右に片寄っている 例えば、画面が右に片寄っている作業環境でずっと作業している方がいるとします。 当然ですが、首や頭は右を向く姿勢をとります。 必然的に多少なりとも体も右にねじれる姿勢をとることになります。 これが長期的に続いていると、普段立っているときもこの癖が抜けなくなります。 本人はまっすぐ立っているつもりでも、からだをは右にねじれている。といった姿勢になります。   画面が上下にある 例えば、ノートパソコンを使っている方は目線が下に行きます。 のぞき込むような姿勢をしているかもしれません。 更には、何か紙の資料を見ながらの入力作業の場合は画面と机の上の資料を見る動作の為、目の動きや首の動きが加わります。 特に首の上下への往復運動が長期間にわたって繰り返されるのもわかります。   こういった普段の作業環境をみていくと、意外と負担をかけていることが多いです。 が、意外と気にしていない方がたくさん。   普段の環境は大切です。 少しずつでも、自分で工夫して体の負担を減らしてみてくださいね。     詳しくは動画で   ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【第2の心臓「ふくらはぎ」を良い状態にするためには?②】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 治療について
    • 浮腫み

ふくらはぎをゆるめる際のポイントは? 今日は「第2の心臓「ふくらはぎ」を良い状態にするためには?②」というお話をしていこうと思います。   前回のブログをまだ見ていない方はこちら。     前回、まずはふくらはぎそのものではなく、関係のあるポイントをゆるめましょうというお話をしました。   今回は、実際のふくらはぎのポイントです。 ふくらはぎは2層にわかれている まず、知っていただきたいのは、 「ふくらはぎ」の筋肉は表面的な筋肉と深い部分の筋肉の2層にわかれています。 この表面的なだけをゆるめていても、深い部分がゆるまないとなかなか良くなりません。 これを両方ともゆるめるためのポイントがここです。   「ふくらはぎ」と「アキレス腱」の間 この「ふくらはぎとアキレス腱の間」がポイントです。 ここが、特に硬くなりやすく、疲れがたまりやすい部分になります。 ここをゆるめる方法は下記のテニスボールケアのまとめで見れますが、 最近はストレッチポールを使った方法の方が、優しい刺激でできるのでそちらをオススメしています。   ゆるめ方はたくさんありますが、 まずは、「ふくらはぎとアキレス腱の間」をゆるめてみてくださいね。   詳しくは動画で   ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【第2の心臓「ふくらはぎ」を良い状態にするためには?】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の腰痛
    • 治療について
    • 浮腫み

ふくらはぎを緩める為にはまずここ 今日は「第二の心臓ふくらはぎを良い状態にするには?」というお話をしていこうと思います。   今回も頂いたご質問の中から、お話をしていきます。 ふくらはぎは第二の心臓? 皆さんの中にも、 「ふくらはぎが第二の心臓」と言われているのを耳にしたことがある方もいると思います。 確かに ふくらはぎが硬くなるとぎっくり腰になりやすくなったり、 足が浮腫みやすかったり、 疲れが取れにくくなったり、 下にたまった血液が上に戻れず循環が悪くなったりと様々な不調が出てくるのもあります。 大切なのは間違いなさそうです。   では、どうすればふくらはぎが良い状態に保てるのでしょうか? 今日はそんなお話を簡単にしていきます。   ふくらはぎを良い状態にするためにできること まずは、 いつもお話するように、「ふくらはぎ」単体で考えるのではなく、カラダ全体を診ていく必要があります。 そこで、ふくらはぎに関係が深い筋肉をゆるめておくことで、ふくらはぎだけをゆるめるよりも効率よくゆるめることができます。   そして、 ふくらはぎをゆるめるために効果的なポイントが、   おしりの筋肉 です。 このブログではとにかく良く出てくるポイントですが、 おしりをゆるめるだけでもふくらはぎはゆるみます。   まずはこのことを知っておいてください。   ゆるめ方がわからない場合は、ラインに登録してください。 すぐにセルフケア動画が見れます。     詳しくは動画で ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【症例 足の浮腫みと膝の痛み】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の膝の痛み
    • 治療について
    • 浮腫み

膝の痛みと浮腫みがある方への治療 今日は「症例 足の浮腫みと膝の痛み」というお話をしていこうと思います。   先日実際に来院された方の症例を報告していこうと思います。   その方は70代の男性です。 主訴は膝の痛みや違和感でした。 今でも建設現場の仕事を現役でされていて、毎日3万歩あるくということでした。 それが、足が前に出にくくなって歩くのも辛い。そんな状態で来院されました。 身体を診ていくと、膝の痛みもそうですが浮腫みがひどい。 通常の浮腫み方とは少し違うと感じたので、「内科系」の問題があるかを確認しました。 要するに腎臓などの内臓の問題です。   ただ、単純に筋肉の硬さや姿勢不良によって 血液の循環が悪くなっているのであれば解決できますが、内臓の問題であれば話は別です。   そこの線引きが重要。 何でも治せるわけではありません。   結果的に、内臓の問題はないということでしたので、改めて原因を探っていきます。 今回の主訴は「膝の痛み」です。 これを解決するために目を向けたのが、 「股関節」 治療としてはここの動きを付けていくことだけです。 膝の痛みも減り、むくみも減りました。   大切なのは正しく評価ができるかということです。 どこに問題があるのかをしっかり聞いて知ることの大切さを改めて感じました。   詳しくは動画で ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 股関節痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots

【足が浮腫む④鼠径部】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の姿勢改善
    • 治療について
    • 浮腫み

鼠径部に問題がありませんか? 今日は「足が浮腫む④鼠径部」というお話をしていこうと思います。 前回までの記事 「足の浮腫み①筋ポンプ」 「足の浮腫み②ふくらはぎ」 「足の浮腫み③おしり」 足が浮腫む方はたくさんいます。 でも、大半の方が足しかみていませんよね? 皆さんは足が浮腫んだ時にどうしますか? 足つぼマッサージに行く フットマッサージを受ける 足湯をする 足を自分でもみほぐす サプリを飲む など、基本的に「足」に関わることしかありません。 そもそも、足に問題(浮腫み)があって流れが滞っていいるということですよね。 ではどこで流れを止めているのでしょうか。   例えば、高速道路の渋滞。 情報によると渋滞20Kmだとします。 あなたが足止めをしているその場所に原因はないですよね? きっと20Km先までいかないと原因はわかりません。 要するに、今その場所に原因があるのではなく、もう少し先に原因があるということです。     足の浮腫みも同じ。 浮腫んでいるのは「足」だけど、 血液の流れを考えると、原因になっている場所は「足」ではなかったりします。   その時に考えなければならない1つがこれ。 鼠径部 鼠径部って聞いたことありますか? 太もものつけ根のあたり。 ここは動脈や静脈や神経が通っている場所なのですが、通りが悪くなると当然渋滞が起きやすくなります。 通りたくても通れない状態になってしまします。   ということで、鼠径部の通りを良くしてあげることがポイントの一つです。 どうすればいいかは動画で。   ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 股関節痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots

【足の浮腫み③おしり】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の膝の痛み
    • 治療について
    • 浮腫み

足の浮腫みをとる為のポイントはおしり? 今日は「足の浮腫み③おしり」というお話をしていこうと思います。    前回までの記事 「足の浮腫み①筋ポンプ」 「足の浮腫み②ふくらはぎ」 下から上に押し上げる為の筋ポンプやそれに関わるふくらはぎの筋肉の硬さが大切だというお話をしてきました。 今日はふくらはぎの硬さに関係するポイントです。   普段ふくらはぎをゆるめるのに使うポイントはこれです。   「おしり」をほぐすと「ふくらはぎ」がゆるむ? これはあまり聞いたことがない方も多いかもしれませんが、 実際におしりをほぐすことで、ふくらはぎの硬さがとれます。 ふくらはぎの硬さが取れることで、筋ポンプの働きがスムーズにできるようになります。 結果的に浮腫みの改善につながります。   今まで、「むくみ」を改善しようと思って、足を揉んでいたのに良くなっていない方は患部しかみていないからです。 浮腫む原因のもとをたどると、足だけに原因があるわけではありません。   股関節や脚よりも上を考える必要があります。   その一つが、今回の「おしり」です。 ほぐし方がわからない方は、動画の下の 「テニスボールケアまとめ」をごらんください。   ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 股関節痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots

インターネット限定
ご満足頂けなければ返金

6月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

4,000

■姿勢改善コース…猫背・骨盤の歪みの改善に最適です
■疼痛改善コース…首・肩・腰・膝などの痛み改善に最適です
※疼痛改善コース or 姿勢改善コースを初めて受けられる方に限ります。

完全
予約制

本気で治したい方はご相談を!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-3700-6881 03-3700-6881

営業時間:平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

住所
〒 158-0097
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
アクセス
東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り
代表者
髙品 昇平(たかしな しょうへい)
電話番号
03-3700-6881 03-3700-6881

平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

ソーシャルメディア

お友達追加で
「肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画」
をプレゼント!

LINE ID
@cwt9629h
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP