世田谷区用賀駅徒歩1分。どこに行っても改善しない慢性症状に絶対の自信あり。他の所とは明らかに違う施術でハッキリ違いを体感ください。

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り

住 所
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRootsのブログ

【セルフケアが続かない理由③効果が実感できない】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の寝違え
    • 東京の猫背
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 歩き方
    • 治療について

セルフケアの効果は出ていますか? 今日は「セルフケアが続かない理由③効果が実感できない」というお話をしていこうと思います。   前回までのブログはこちら 「セルフケアが続かない理由①難しい」 「セルフケアが続かない理由②正しくできているかわからない」   今日お話するのは「続かない理由」の中でも最も多いものです。   それは・・・   「効果が実感できない」   ということ。   どこかの整体や整骨院、マッサージ院などで治療をしてもらいつつ、自宅でできることのアドバイスももらった。 「肩をまわす体操」 「腰を捻るストレッチ」 「首をこまめにストレッチ」 「腰痛体操」 色々教わって、実際にやってみた。 でも、効果があるのかないのかわからない・・・。 結果的に徐々に続かなくなっていく。   そんな方が意外と多いです。   当然といえば当然です。   本人は一生懸命治そうと思ってやっているのに、効果が出ないわけですから。   では、なぜ効果が出ないのでしょうか?   ~効果が実感できない理由~ 効果が実感できない理由は、 「そもそもそのセルフケアがあなたの痛みに関係ない」からです。   すごく残念かもしれませんが、 「肩の痛みで肩のセルフケア」 「腰の痛みなら腰」 「膝なら膝」 「股関節なら股関節」 そう考えるのが普通です。   でも、それを続けているのに効果がない場合、そこには問題がないケースが多いです。   ぜひ、自分に合ったセルフケアを教えてもらってくださいね。   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で […]

【治してもらおうと思っていませんか?】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • ひとりごと
    • 動画
    • 呼吸
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の寝違え
    • 東京の猫背
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 歩き方
    • 治療について
    • 考え方

誰かに治してもらおうと思っていませんか? 今日は「治してもらおうと思っていませんか?」というお話をしていこうと思います。   前回のブログで、 「痛くなったのは誰のせい?」 というお話をしました。   まずは「痛みが出た原因を作っているのは自分の生活習慣にある」ということを自覚する必要があります。 その上で、治療をしていく。   以前もお話したことがありますが、 1カ月は約720時間 1回1時間の整体を週1回受けたとすると、 月に4時間 720時間-4時間=716時間 716時間は一人の時間ということになります。   この時間をどう過ごすかが治療においては重要です。   治療に来て頂いているわけですから、治療家側も 「少しでも楽になってもらいたい」 と思うのは当然です。   でも、 ただ治してもらうだけでは、また同じことをくり返します。 その方が長く健康でいられるカラダ作りをしていく必要があります。 誰に頼らなくても、自分で自分の体を治せるようになって欲しいと思っています。   その為に必要なのが、 「自分で治す」 ということです。   正しい知識と正しいケアの方法がある程度わかっていれば、少しの不調は自分でどうにかなります。   是非、「自分でできることは何か」ということを知ってください。   詳しくは動画で。 ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【痛くなったのは誰のせい?】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の寝違え
    • 東京の猫背
    • 東京の産後整体
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 東京の骨盤の歪み
    • 歩き方
    • 治療について
    • 浮腫み
    • 考え方
    • 肘の痛み
    • 運動について
    • 食事について

痛くなったのは誰のせい? 今日は「痛くなったのは誰のせい?」というお話をしていこうと思います。   今これを見ていている方の中には、 「○○が痛い」 「○○が痺れている」 「○○が重だるい」 など様々な症状をかかえていると思います。   では、その症状はいつから出てきましたか? 「昨日?」 「1カ月?」 「1年前?」 「10年?」   何か心当たりや前兆がありませんでしたか? その痛みが起こるような生活をしてきませんでしたか?   このように考えていくと、何かしらが見つかるケースがほとんどです。   結局何が言いたいかというと、 「今の身体の不調の原因は自分にある」 ということ。   過去の延長線上に今の自分がいます。   ということは、 今までの食事・睡眠・運動など生活習慣が悪ければ、今その影響を受けているということです。   どこか治療院などに通うことによって一時的に痛みが改善されても、同じ生活をしていれば再発する可能性が高いのはわかりますよね。   そうならない為に、今日からあなたができることは何ですか?   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント  

【テニスボールケアをやめてください】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 当サロンについて
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 東京の骨盤の歪み
    • 治療について

テニスボールケアをやめてください。 今日は「テニスボールケアをやめてください」というお話をしていこうと思います。   今までたくさんのテニスボールを使ったセルフケアのお話をしてきました。 「テニスボールケアのまとめ」   特に当院に通われている方からすると 「え?急に何だ?」 という方がほとんどだと思います。   でも、良く聞いてください。   当院ではテニスボールを使ったセルフケアを良くお話しています。   ただ、ジムに通っていたり、健康雑誌などを読んでテニスボールケアを知っている方のほとんどが間違った使い方をしています。     それは・・・     「強くやりすぎている」ということ。   「テニスボールを使ってグリグリほぐしましょう!」と習ったのかわかりませんが、 体重を思い切り乗せてやっている方がいます。   ちょっと考えてください。     お腹を殴られたら人はどうなるかわかりますか? 反射的に力が入りますよね。 これは人に備わる「反射」と呼ばれるものです。   テニスボールケアも同じです。 強すぎる刺激が入れば、そこの筋肉は緊張してしまいます。 硬くなっているのにグリグリしたら更に硬くなりますよ。   今回の 「テニスボールケアをやめてください」というのは、 「グリグリ強すぎる刺激で行うのをやめてください」ということです。   正しくできればすごく効果的なのですが、意外と間違ったやり方をしている方が多いので注意を込めてこの記事を書いています。   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【トリガーポイントって何?】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の寝違え
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 治療について

トリガーポイントって知っていますか? 今日は「トリガーポイントって何?」というお話をしていこうと思います。   皆さんは 「トリガーポイント」 という言葉を聞いたことがあるでしょうか。   トリガーポイントって何? この言葉を聞いたことがある方はきっとジムに通っていたり、テレビや雑誌で見ていたりと健康に興味がある方なのでしょう。 最近では「筋膜リリース」という言葉をよく耳にするようになりましたが、 「トリガーポイント」という言葉も少し耳にする機会が増えてきたように思います。   では、トリガーポイントとはどういうものなのでしょうか?   最新の定義では「過敏化した侵害受容器」と言われているようです。 ちょっと難しいですね。   ざっくりいうと、ある一点を押すとその他の部位に放散するような痛みを伴うポイントのことです。   例えば、肩こりの方が肩を揉まれると痛かったりします。 でも、押しているところではなく少し離れた場所にも痛みを感じたりしたことがありませんか? こういったポイントはトリガーポイントの可能性があります。   もちろん、肩だけではなく様々な部位にトリガーポイントがあります。   普段痛みを感じている部位は、少し離れた部位のトリガーポイントの影響を受けているのかもしれません。   詳しくは動画で   ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【足裏・爪の問題の影響】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • ひとりごと
    • 動画
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の膝の痛み
    • 東京の足底筋膜炎について
    • 東京の足首の痛み
    • 東京の首の痛み
    • 治療について
    • 浮腫み

たこ・魚の目・巻き爪などの影響は? 今日は「足裏・爪の問題の影響」というお話をしていこうと思います。   実際にたこや魚の目などの足の問題があると、身体にはどんな影響が出てくるのかというお話です。   そもそも足裏や爪の問題というのは何でしょうか。 色々とありますが代表的なものをあげていきましょう。 たこ・魚の目 巻き爪 扁平足 外反母趾 良く耳にするような言葉だと思います。 「扁平足」は少し別になりますが、 それ以外の「たこ・魚の目・巻き爪・外反母趾」などは程度もありますが、痛みを伴うことがありますよね。 すると、自然と脚をつく時に「痛くない歩き方」をするようになります。 本来の自分の歩行ではなく、かばった歩き方をすることになります。 そうすると無駄な緊張が生まれます。 短期間ならまだしも、これが長い間続くとなると厄介です。   例えば、 親指が痛い。 ➡親指に体重をかけないように歩く。 ➡体の外側(小指側)に体重がかかる。 ➡スネや外側に負担がかかり緊張が常にでる。 ➡太ももの外側にも影響する ➡股関節の動きを悪くする   こういった感じの流れがあります。 結果的に「股関節の動きに影響」してくることで、股関節痛や腰痛・肩の痛みにもつながるということです。 イメージがしにくいかもしれませんが、身体の連動はこういうことです。   一つの問題を放置しておくと、体の不調はいたるところに出てきますので、 早めの対処を心がけましょう。   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【体を診るときのポイント④】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 当サロンについて
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の猫背
    • 東京の痺れ
    • 東京の股関節痛
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 治療について
    • 運動について

一番多い動作(習慣)は何ですか? 今日は「身体を診るときのポイント④」というお話をしていこうと思います。   前回までのブログはこちら 「身体を診るときのポイント①左右差」 「身体を診るときのポイント②既往歴」 「身体を診るときのポイント③整形外科以外の疾患の有無」   今日はこれです。 生活の中で多い動作習慣は何ですか? こんな話をよく耳にしませんか? 脚を組むのは良くない 身体が丸くならないようにしないとダメ 片側でカバンを持つのは良くない など、いろんな情報がありますよね。 確かにその通りだと思います。 ただ、上記のことを気を付けているのにも関わらず「痛いのが治らない」という方もいます。 こういったときに考えなければいけないのが、 「生活の中で多い動作(習慣)」 です。   今のあなたの生活の中で特に多い動作は何ですか? 座りっぱなしの方もいるでしょう。 では、座っている時の姿勢はどうなっていますか?   家事や育児が多い方もいるでしょう。 どんな作業が多いですか? 家の仕様はどうなっていますか? 台所の形は? どんな姿勢をとることが多いですか?   こんな感じで、細かく自分のことを観察していきます。   そうすることで、あなたの痛みの原因がわかることが良くあります。   考えることは面倒かもしれません。 でも、これが重要だということを知ってください。   詳しくは動画で   ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【体を診るときのポイント③】世田谷区用賀の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の整体院の選び方
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 治療について

内臓の問題を無視していませんか? 今日は「身体を診るときのポイント③」というお話をしていこうと思います。 前回までのブログはこちら 「身体を診るときのポイント①左右差」 「身体を診るときのポイント②既往歴」   今日お伝えしたいのは、 「整形外科的以外の疾患の有無」というお話。   腕の痛みが命に関わる? 少し大げさな表現をしました。 でも、最悪のケースを知っておかなければいけません。 我々治療家が気を付けなければいけないのがこの問題。 「何となく肩こりや腕の痛みで来ていた方が内臓の問題があった」ということ。   最低限の知識は医療関係者には必要です。 例えば、 左肩の放散痛 ➡これは場合によっては「狭心症」という心臓の病気からでも起こりうる症状です。 右肩の放散痛 ➡これは「胆石」と言って胆のうに石がたまることによっておこる可能性があります。   こういったケースの場合は、早急に医療機関に送らなければいけませんよね。   整体ですべてが治せるわけではありません。 特に命に関わるような症状を見逃してはいけません。   こういったポイントがいくつかあるので、 問診で「内科・循環器・血管などの病気の有無」を確認することも大切です。   詳しくは動画で   ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

【デスクワークの人の腰痛・肩こりの予防⑦足を組む】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 治療について

足を組んでいるのは悪いのか? 今日は「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防⑦足を組む」というお話をしていこうと思います。   前回までの記事を見ていない方はこちら 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防①座り方」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防②画面位置」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防③キーボード」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防④タイピング」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防⑤頭の位置」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防⑥猫背」   今日は「足を組む事」に対してお話をしていきます。   普段、脚を組んでいますか? あなたは普段足を組んでいるでしょうか? 意外と脚を組んでいる方は多いですよね。 私もたまに組んでしまうことはあります。   そもそもなぜ脚を組んでしまうのか? 普段、脚を組んでいる方に話を聞いてみると、 癖や習慣 組んでいる方が楽 組まないと○○が痛い だいたいこういった事を話される方が多いです。   当院に通われている方には、「脚は組まないでください」というわけではありませんが、自然と脚を組むのを辞める方が多いです。 これにはいくつか理由がありますが、   一つは、 「そもそも組まなくても楽な体の状態になる」 ということです。   身体のバランスが崩れていると、場合によっては脚を組んでいる方が楽なこともあります。 しかし、このバランスが改善するとそもそも脚を組む必要がなくなるというのが一つあります。     もう一つは、 「脚を組むことによってどういう状態になるのか」 「脚を組むことによる弊害」 をしっかり理解できるからということです。 そもそも、「脚を組む動作」というのは医学的に見た時に体がどういった状態になるのかということです。 こういった説明と現状の自分の体の状態を照らし合わせた時に、 「あ、このままではまずい」と思うそうです。 これが理解できるから、自然と脚を組まなくなるようです。   実際に脚を組んでいる方が硬くなりやすいポイントは動画で説明していますので、詳しくは動画をご覧ください。   ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で […]

【デスクワークの人の腰痛・肩こりの予防⑤頭の位置】世田谷区二子玉川・用賀・桜新町の姿勢改善専門の整体

    • セルフケア
    • 動画
    • 東京のぎっくり腰
    • 東京の坐骨神経痛
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の猫背
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ
    • 東京の肩の痛み
    • 東京の腰椎椎間板ヘルニア
    • 東京の腰痛
    • 東京の首の痛み
    • 治療について

頭が前に出てしまうあなたへ 今日は「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防⑤頭の位置」というお話をしていこうと思います。   前回までの記事を見ていない方はこちら 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防①座り方」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防②画面位置」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防③キーボード」 「デスクワークの人の肩こり・腰痛の予防④タイピング」   デスクワークをされている方で特に気にしている方が多いのが、この「頭の位置」についてです。 自分でも、頭が前に出ている。 と自覚がある方が多いですよね。 ・どうしても画面をのぞき込んでしまう。 ➡気づくと頭が前に行っている。 ➡それを治そうとして背筋を伸ばす。 ➡でも気づくとまた頭が前に出ている。 こんなことをくり返している方も多いのではないでしょうか。   これは、意識的に頭が前に行かないように姿勢を正しておけば良くなるのかというとそういうわけでもありません。 他に問題があればなかなか改善は難しいでしょう。 当然、セルフケアは重要になってきますが、今回は予防のお話です。 「作業環境」に注目していくことが大切です。 前回までお話した、 座り方 画面の位置 キーボードの位置 タイピングの仕方 こういった部分を改善していくことで、頭が前に出ていくのを良くしていくことができます。 是非、今までのブログを見返して1つずつ解決していってくださいね。   詳しくは動画で ※チャンネル登録もお願いします。 ※下記よりLINEへの登録もよろしくお願いします。 ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 腰痛でお悩みの方はこちら テニスボールケアのまとめ 肩こり・猫背の治し方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots 治療家の先生はこちら 「頚部の可動域を股関節から改善する手技動画」をプレゼント

インターネット限定
ご満足頂けなければ返金

12月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

4,000

■姿勢改善コース…猫背・骨盤の歪みの改善に最適です
■疼痛改善コース…首・肩・腰・膝などの痛み改善に最適です
※疼痛改善コース or 姿勢改善コースを初めて受けられる方に限ります。

完全
予約制

本気で治したい方はご相談を!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-3700-6881 03-3700-6881

営業時間:平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

住所
〒 158-0097
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
アクセス
東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り
代表者
髙品 昇平(たかしな しょうへい)
電話番号
03-3700-6881 03-3700-6881

平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

ソーシャルメディア

お友達追加で
「肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画」
をプレゼント!

LINE ID
@cwt9629h
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP