世田谷区用賀駅徒歩1分。どこに行っても改善しない慢性症状に絶対の自信あり。他の所とは明らかに違う施術でハッキリ違いを体感ください。

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り

住 所
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRootsのブログ

眠れないんです・・・

    • セルフケア
    • 動画
    • 呼吸

夜眠れないんです 今日は「眠れない」あなたに向けてお話をしていこうと思います。   当院には様々な症状の方が来院されるのですが、 お話を聞いていると、メインの症状とは別に「眠れない」「寝付きが悪い」という方も多くいらっしゃいます。   ここからは個人的な見解ですので、あくまでも参考までに。   ホルモンのバランスや自律神経の問題などもあるでしょう。 交感神経や副交感神経がどうとかも聞いたことがある方もいるかもしれません。 こんな専門用語が出てくると、一般の方はお手上げですよね。 「難しくてわからない」と思います。   すご~く簡単にお話すると 眠れないのってリラックスできていないんですよね。 そして呼吸が浅くなる。 試しに、運動後みたい「ハァハァ」言いながら寝てみてください。   ムリですよね。汗   深呼吸した方が眠れそうじゃないですか?   そんな感じで、リラックスした状態を作り出すために意識的に「深呼吸」をするのも1つです。 なかなか普段意識的に深呼吸をすることってないですよね? ストレスや姿勢の不良などで、呼吸が浅くなることが多いですが呼吸を深くするために何か行っている方というのはどれだけいるでしょうか。   呼吸を深くするポイントは過去の動画でも上げていますが、まずは意識的に「深呼吸」をするようにしてみてください。   難しくないですよね? 呼吸が浅い人はこちら   詳しくは動画で ※整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ) 肩こりでお悩みの方はこちら お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント 世田谷区桜新町・用賀・二子玉川の整体 姿勢改善サロンRoots  

【公開】猫背・呼吸が浅い人のセルフケア

    • セルフケア
    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の猫背

猫背・呼吸が浅い人にオススメのセルフケア   今日は、背骨(胸椎)のセルフケアの方法をご紹介していこうと思います。 セルフケア動画はたくさんありますが、これは少ないケアの方法だと思います。   どんな人にオススメか? 猫背が気になる 仕事中に背中が丸まっている 「姿勢が悪い」とまわりに言われる 呼吸が浅い感じがする 睡眠の途中で目が覚めてしまう 上記のような方にオススメしたいのが、今日のセルフケアです。   なぜオススメしたいかというと、 呼吸が浅いというのは、肋骨の動きの悪さでもあるのですが、 肋骨自体は背骨(胸椎)にくっついています。   この胸椎の動きが悪くなると、肋骨の動きを悪くさせて呼吸がスムーズに行えなくなってしまいます。 そうすると、呼吸が浅くなり睡眠の途中で起きてしまったり、睡眠の質が悪くなったりします。   また、胸椎が動かないことで肩甲骨の間のあたりの筋肉が硬くなり、背中がこってきたり、背中が丸くなったりしてきてしまいます。   そうならないためのセルフケアです。 実際のやり方 ※バスタオルなどを丸めて、拳くらいの厚みにしたものを用意してください。 ①まず仰向けに寝て、膝を立てます ②丸めたバスタオルを胸の高さで背中に置きます ③手のひらを天井に向けて胸を開いていきます ④そのまま深呼吸を10回ほど繰り返します ⑤タオルを5センチほど上下に動かして各10回おこないます 注意点 ①タオルが厚すぎると背中が痛くなってしまうので、最初は薄いものから始めてください。 ②腰の後ろをおこなうと腰痛を引き起こすことがありますのでご注意ください。   これを毎日寝る前に行うことで、寝付きが良くなったり、途中で起きなくなったり、肩こりが楽になったりしてきます。   是非、無理のない範囲で続けてみてください。   詳しくは動画で。   肩こりの方はこちら https://roots-tokyo.jp/symptom_menu/%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A-2 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

【公開】胸のストレッチ

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善
    • 東京の肩・首こり、頭痛でお悩みのあなたへ

  胸のストレッチ方法 今日は胸を伸ばすストレッチの方法についてお話をしていこうと思います。 どんな人に効果的か 常に慢性的に肩・首がこっている デスクワークで頭が前に出てしまう 呼吸が浅い気がする 首の動きが悪い 寝ていても途中で目が覚める 猫背を気にしている まだまだありますが、上記のような方は特に行うと良いです。   過去にお話したことがあるかもしれませんが、 人の体には、「短くなって硬くなっている筋肉」と「伸びた状態で硬くなっている筋肉」があります。   ちょっと猫背の人を思い浮かべてください。   背中が丸まっていますよね。   この方の胸の筋肉と背中の筋肉はどちらが短くてどちらが伸びているかわかりますか?   胸は短い 背中は伸びている のがわかりますか?   ここからがすごく重要ですが、治療の原則として 伸びている側が痛みを伴いやすいが、治療が必要なのは短い側 です。 肩・首がこっている方は、どうしても肩とか首や背中を揉みますよね。 でも良くならない。 それは上記の原則とは違うことをしているからです。   肩・首・背中がこるかもしれませんが、治療をしなければならないのは胸や前側の筋肉だったりします。   そこで今日の胸のストレッチ。 細かくは動画で見ていただきたいですが、方法としては ①壁の横に立つ ②手のひら、肘までを付ける ③壁側の足を一歩前に出す ④胸を広げるように伸ばしていく   です。 これをこまめに続けるだけでも、肩こりは楽になるかもしれません。   詳しくは動画で。 肩こりの方はこちら https://roots-tokyo.jp/symptom_menu/%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A-2 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

呼吸に関わるポイント⑥肋骨と背骨の関係

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

背骨が呼吸に重要だって知っていましたか?   今日も呼吸に関わるポイントについてお話していこうと思います。   前回は広がり方という少し難しいお話をしました。   今日もイメージがわきにくいかもしれませんがすごく大切なお話をします。   皆さんは、 「肋骨」って聞くと何となく前側にある感じがしませんか?   でも前から後ろに向かって肋骨をたどっていくと後ろにもあるのがわかると思います。 最終的に肋骨がついているのは、背骨(胸椎)です。   深呼吸をすると肋骨が動くのはわかりますよね。   肋骨が動くということは、肋骨がくっついている背骨(胸椎)もほんのわずかですが動くということです。 本来、呼吸をするたびに背骨(胸椎)も動くのが正常ということです。   しかし、この背骨(胸椎)のまわりの筋肉が硬くなってしまうと、うまく動いてくれなくなってしまうのです。   そうすると、深く呼吸をしようと思っても、うまく吸えない(吐けない)なんてことになってしまいます。 そうならないためにも、背骨(胸椎)の柔軟性を出していくことが大切ですね。   詳しくは動画で。 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント    

呼吸に関係しているポイント⑤広がり方

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

肋骨はこう動くの知っていますか?   今日も呼吸に関係しているポイントお話をしていこうと思います。   ただ今回は今までとは少し違って、「胸郭(あばら骨)がどう動いているのか」 というお話です。   専門的なお話なので、これを知ったからどうなる。ということではないのですが、普段呼吸の浅さを気にしている方の何かのヒントとなればと思い書いています。 ざっくりした絵ですが、これが胸郭です。 何となく、下の方の肋骨と、上の方の肋骨の形が違うのがわかりますか?   こういった構造の違いで、肋骨の上部下部ではそれぞれ異なった動きをします。   息を吸ったときに、肋骨の上部は前の方向に膨らみます。 そして、 息を吸ったときに、肋骨の下部は横方向に膨らみます。   少しわかりにくいかもしれませんが、上部と下部の肋骨に手を置いて深呼吸をしてみてください。 下の方の肋骨の方が動きが大きいと思います。   これは、下の肋骨の方が横に広がれるので動ける範囲が広いためです。   こういった肋骨の動きの特性を知り、どこに問題があるのかを見つけられると治療もスムーズにいくかもしれません。   もし呼吸のことでお悩みであれば、自分で感じている呼吸のしにくさを今診てもらっている整体の先生に伝えるのも良いかもしれません。   詳しくは動画で。 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

呼吸に関係しているポイント④脇腹の筋肉

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

脇腹も関係している。   今日も呼吸に関係しているポイントのお話をしていこうと思います。     今日お伝えするのは、「脇腹の筋肉」     前回お話した腹筋と似ていますが、脇腹の筋肉も骨盤と肋骨にくっついています。   ただ、腹筋と異なることは左右でわかれているということ。     例えば右側の脇腹の筋肉(腹斜筋)がギュっと硬くなると、体が右に傾きます。   この状態で呼吸をすると、何となく右側に空気が入っていかないのがわかるでしょうか?   左右のくびれが違うことを気にしている女性は多いかもしれません。   その左右差に関係する一つがこの腹斜筋でもあります。     この左右の筋肉の緊張が均等に保たれていればいいですが、何らかの影響でバランスが崩れます。 そうすると当然呼吸が浅くなったり、左右均等に吸えないということが起こってきます。     簡単な対処法としては、 ①鏡の前に立つ ②左右のくびれの差を確認 ③傾いている側の脇腹を伸ばす   です。 伸ばし方は今後載せていきますが、 すぐに知りたい方は、「脇腹 ストレッチ」等で検索してみてください。   詳しくは動画で。

呼吸に関わるポイント③腹筋

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

腹筋が呼吸に関係しているの知っていますか?   今日も呼吸に関わるポイントをお話をしていこうと思います。   今回は腹筋。   少しはイメージがしやすいかもしれません。   試しに、お腹に手を当ててわざとで良いので何度か咳をしてみてください。   お腹が硬くなるのがわかりますか?   これは、腹筋が肋骨を引き下げる方向に働いているからです。   腹筋は恥骨(骨盤)~肋骨に向かってくっついています。 腹筋が収縮すると、恥骨と肋骨を近づけるように働きます。 これは先ほど皆さんにやっていただいたのでわかるかと思います。   ということで、腹筋は息を吐く時に使われています。   前回お話した「胸の筋肉」は息を吸うときに働いていましたよね?   なので、この腹筋と胸の筋肉は引っ張り合いっこ(綱引き)をしているように連動しているわけです。   胸は吸うとき、腹筋は吐くときに働くイメージです。 どちらか一方に問題が起これば、呼吸のし辛さにつながります。   これもバランスですね。   詳しくは動画で。 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

呼吸に関わるポイント②胸の筋肉

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

胸の筋肉も呼吸に関わる   今日も呼吸に関わるポイントについてお話をしていこうと思います。   今回この呼吸に関わるポイントを知ってもらい、最終的には皆さんが自分で呼吸を深くすることができるようになっていただきたいです。   その為に、いきなりセルフケアの方法をお話するのではなく、まずは構造的なものを少しでも知って頂いた方がより効果が出せますので、難しいお話かもしれませんが頑張って理解してくださいね。   前回呼吸には肋間筋が関わるというお話をしました。   今回は胸の筋肉です。   胸の筋肉は、腕と胴体を結んでいる筋肉です。 この筋肉は2層に分かれていて、 表面は大胸筋 深部は小胸筋 という筋肉があります。   どちらの筋肉も、直接的、間接的に呼吸に関わります。   息を吸うときに働く筋肉です。   ここが硬くなると呼吸がしにくくなります。 また、肩が内に入りやすくなる為、姿勢にも関係してきます。   胸が硬い方はここをゆるめてみるのもいいですね。   ゆるめ方や伸ばし方は今後お話をしていこうと思います。   まずは胸のあたりを軽くマッサージしてほぐしてみてくださいね。   詳しくは動画で。   お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

呼吸に関わるポイント①肋間筋

    • 動画
    • 呼吸
    • 東京の姿勢改善

肋骨の間にも筋肉はある   今日は呼吸に関わるポイントについてお話をしていこうと思います。   これがわかると呼吸が浅い方や眠りが浅い方などは楽になっていくポイントをお話していくので、是非参考にしてください。   気が向いたら、呼吸を深くしていくようなセルフケアの動画も撮っていきますので、気になる方はチェックしてくださいね。笑     今日お話するポイントは 肋間筋です。   肋骨(あばら骨)の間についている筋肉です。 手を肋骨にあてた時に、あばら骨とあばら骨の間に筋肉がありあます。   この筋肉は、息を吸うときにも、吐く時にもどちらにも働く筋肉です。   問題があると、吸いにくかったり、吐きにくかったりします。   もし、吐きにくい、吸いにくいと感じた場合は、骨と骨の間を軽く指でゆるめてあげると良いかもしれません。   詳しくは動画で。 お友達追加で 肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント  

インターネット限定
ご満足頂けなければ返金

5月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

4,000

■姿勢改善コース…猫背・骨盤の歪みの改善に最適です
■疼痛改善コース…首・肩・腰・膝などの痛み改善に最適です
※疼痛改善コース or 姿勢改善コースを初めて受けられる方に限ります。

完全
予約制

本気で治したい方はご相談を!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-3700-6881 03-3700-6881

営業時間:平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

住所
〒 158-0097
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
アクセス
東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り
代表者
髙品 昇平(たかしな しょうへい)
電話番号
03-3700-6881 03-3700-6881

平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

ソーシャルメディア

お友達追加で
「肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画」
をプレゼント!

LINE ID
@cwt9629h
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP