世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り

住 所
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

患部を「冷やす」から「温める」に変わるタイミング

これって冷やす?温める?

今日は「患部を冷やすから温めるに変わるタイミング」というお話をしていこうと思います。

 

皆さん意外と間違えやすいのが、今回の「冷やす」「温める」というお話です。

 

一つ質問です。

もしあなたが、足首を捻挫したら冷やしますか?温めますか?

 

きっとこれはほぼ皆さんが「冷やす」を選択すると思います。

 

では「ギックリ腰」だとどうでしょうか?

全く動けないほどではないが、歩くと痛みが出るくらいの症状だとします。

これくらいだと「冷やす」「温める」で意見が分かれるかと思います。

 

何故でしょう。

 

どちらもその場で痛めていますよね。

以前ギックリ腰も捻挫のようなものというお話もしましたが、

であれば「冷やす」を選択するはずなのに、

意外とお風呂に入る方もいます。

そして悪化してしまうことも・・・。

タイミングの見極めは?

では、「冷やす」「温める」の見極めはどうしたらいいのでしょうか?

そのキーワードは「炎症」です。

この「炎症」が起こっているタイミングはやは「冷やす」です。

例えば腰を痛めているとき患部を手のひらで触ると熱感(熱い感じ)があります。

また、患部ではないその周辺を同じように手で触れると、患部に比べて熱くないと思います。

捻挫でも同じで、痛めている側は熱くなっていたり腫れていたりすると思います。

 

このように、患部とそうでないところを比べて熱を持っているようであれば冷やしてください。

そうでなければ温めるのも一つです。

 

基準の一つとして参考にしてくださいね。

 

詳しくは動画で

 

 

 

 

  • セルフケア
  • 動画
  • 坐骨神経痛
  • 腰痛

インターネット限定
ご満足頂けなければ返金

8 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

4,000

■姿勢改善コース…猫背・骨盤の歪みの改善に最適です
■疼痛改善コース…首・肩・腰・膝などの痛み改善に最適です
※疼痛改善コース or 姿勢改善コースを初めて受けられる方に限ります。

完全
予約制

本気で治したい方はご相談を!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-3700-6881 03-3700-6881

営業時間:平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

住所
〒 158-0097
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
アクセス
東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り
代表者
髙品 昇平(たかしな しょうへい)
電話番号
03-3700-6881 03-3700-6881

平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

ソーシャルメディア

お友達追加で
「肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画」
をプレゼント!

LINE ID
@cwt9629h
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP