世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り

住 所
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症

違い知っていますか?

今日は「坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄」についてのお話をしていこうと思います。

上記の言葉は聞いたことがありますか?

「脊柱管狭窄」は年代にもよるかもしれませんが、「坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニア」は聞いたことがある方も多いと思います。

 

実際にどう違うのかはわかりますか?

 

足が痺れていたとしたら、坐骨神経痛なのでしょうか?

あるいは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄なのでしょうか?

 

少し難しいですよね。

 

ちなみに、どれであっても足に痺れは出てくる可能性はあります。

 

では、どう違うのか。

 

腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄

まずこの2つについて。

解剖学的な難しい話は置いといて、この2つは「病名」です。

つまり、原因がはっきりしているということ。

「腰椎の〇番目のここが狭窄(狭くなって)していて、神経を圧迫している」

「ここにヘルニアがあるから、これが神経に当たっている」

など説明を受けたことがある方もいるかと思います。

このように

「ここが狭窄している」「ここにヘルニアがある」ということが、診断できるものをこう呼びます。

坐骨神経痛

それに対して坐骨神経痛は「症状名」です。

要するに、「おしりからあしの先まで痺れが出ている」でもレントゲンを撮っても具体的な問題は見つからない。

でも痺れている。

こういった場合に症状名として「坐骨神経痛」と言われることが多いです。

特に原因がわからない時に使われることが多いようです。

 

 

このように、良く使われる言葉でもそれぞれ全然違うということです。

 

「原因がわからなければ治せないじゃん」

と思うかもしれませんが、そういうことではありません。

しっかり状態を診ていければ、症状の改善はありますのでちゃんとした先生に診てもらってくださいね。

 

詳しくは動画で

整体院の選び方のまとめはこちら(お時間があるときにどうぞ)

坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

https://goo.gl/uDvBoJ

お友達追加で

肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画プレゼント

友だち追加

 

 

  • 動画
  • 東京の坐骨神経痛
  • 東京の腰痛

インターネット限定
ご満足頂けなければ返金

8月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

4,000

■姿勢改善コース…猫背・骨盤の歪みの改善に最適です
■疼痛改善コース…首・肩・腰・膝などの痛み改善に最適です
※疼痛改善コース or 姿勢改善コースを初めて受けられる方に限ります。

完全
予約制

本気で治したい方はご相談を!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-3700-6881 03-3700-6881

営業時間:平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

世田谷区用賀の腰痛専門姿勢改善サロンRoots

住所
〒 158-0097
東京都世田谷区用賀4-5-7
ルビーノロトンダ3-A
アクセス
東急田園都市線
用賀駅南口から徒歩1分
※近くにコインパーキング有り
代表者
髙品 昇平(たかしな しょうへい)
電話番号
03-3700-6881 03-3700-6881

平日10:00〜20:00(木曜定休)土日祝:10:00 〜18:00

営業時間
10:00〜20:00
10:00〜18:00

ソーシャルメディア

お友達追加で
「肩こり・腰痛に効果的なポイントとセルフケアの動画」
をプレゼント!

LINE ID
@cwt9629h
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP